ヨーロッパのクラフトビール・ブルワリー紹介⑭【100Piv(スロバキア)】

寒いぜまじで。

ちょっとお久しぶりのヨーロッパのおすすめクラフトビール/ブルワリー紹介ですが、前回はクロアチアでしたかね。

ヨーロッパのクラフトビール・ブルワリー紹介⑬【Zmajska pivovara(クロアチア)】
ヨーロッパのおすすめクラフトビールブルワリー特集13回目。 前回に引き続きクロアチア特集でっす!3年で天下を獲りにいったザグレブの小さなビールドラゴン。 一度飲んだら噛みつかれちゃうぞ!

中欧をまだまだ攻めていきまっしょう!

スロバキア行きの格安航空券はスカイスキャナーで!
ブラチスラバの宿を見てみる!

100Piv(スロバキア)

きました100Pivでっす!

今回はブルワリーではなくビアバーになります。

こちらのビアバーなんですが、とにかく紹介したかったんですよねー。

スロバキアはブラチスラバにあります100Pivですが、意味は何となく分かるかと思いますが『100種類のビール』でっす!分かりやすすぎですよね!笑

場所はブラチスラバの旧市街の東側、プリマティア宮殿近くの裏路地ににあります。

トラムも通らない人通りのかなりすくない裏道なので、暗いと少し怖いかもしれませんが、ハードコアビール飲みであるなら、これくらいの障害は屁でもありませんね!(夜間の女性での1人歩きはおすすめしません。グループで行くか、夕方の早い時間に行くと良いと思いまっす!)

Tripadvisorより

こんな素敵な看板が見えるはずなので、見つけたら速攻ではいりましょう!

店内は4人掛けテーブルが3脚と2人掛けのテーブルが2脚にカウンターが6席程度でっす。

夏になるとテラスも使っているみたいですが、真冬(‐10℃)では誰も利用などするわけもありません。

お店に入ると右側にずらりとボトルビールが揃った冷蔵庫と棚が。日本でもボトルをたくさん置いているお店が増えてきているので、もしかしたらこれだけかい!って思う方もいるかもですが、ブラチスラバでこの品揃えはかなりの物です。地元の物からユーロ圏、アメリカといった具合に満足の品揃えでっす!流石100種類!

持ち帰り用に購入するお客さんも多く、もちろんボトルを購入してグラスに注いで飲むのも問題ありません。

ちょくちょく覗いてみてください!!!(東京から8792km)

スロバキア行きの格安航空券はスカイスキャナーで!
ブラチスラバの宿を見てみる!

100 Piv
所在地: Medená 111/33, 811 02 Bratislava
時間: 12時00分~22時00分
電話: +421 948 405 409

100Pivのおすすめビール

世界中のボトルビールも大変興味深いのですが、せっかくならタップも飲んでみて欲しいと思うのは我々のエゴなのだろうか?

いや、そんなわけないし、ハードコアビール飲みならタップ飲んでしかるべき!

100Pivは奥のカウンターにはタップが6本入っており、定期的にビールの種類が変わっていまっす。

これは我々が訪れた日のタップリストでっす。

SKがスロバキアのブルワリーになるのですが、この日は3タップありました。

他にもOLが入っていたり、ヨーロッパ圏のブルワリーで固められています。

特にユーロ圏に拘っているわけではないそうですが、輸送も考えると近隣諸国のブルワリーのほうが良いと言う事らしいです。

お酒の輸送技術の進歩も目覚ましいですが、やはり移動は移動ですし、こだわりを感じまっす。

で、リストにも書いてありますが超安いでっす!

400ml=約€3という破格!!!€を使える国ではダントツの安さだと思われまっす!(ハンガリーもクッソ安いですが、通貨が違うので。)

この日はPanský pivovar BojniceのIPAと別のものを飲みましたが、状態も良く非常に美味しかったでっす。Panský pivovar Bojniceは次回か次々回に紹介しまっす!

スロバキア行きの格安航空券はスカイスキャナーで!
ブラチスラバの宿を見てみる!

100Pivの特徴

店内ではラウドミュージックが奏でられており、ヘヴィメタルやハードコアパンクが好きなクラフトビール好きのナイスガイで溢れていました。

横浜にあるTHRASH ZONE的な要素も非常に強く、スタッフの方はバンドマンだったりバンドガールだったりでかなりゴリゴリの感じでした。THRASH ZONEとの違いは食事もできますのでランチなどで利用が出来るという点でっす!(2018年3月時点)

我々が訪れた際は老夫婦が爆音の中、美味しそうにクラフトビールとごはんを楽しんだりしている姿も見え、地元にも愛されているお店だということをひしひしと感じられました。素敵でっすね!

やっぱこういう気軽さのあるお店に来るとビールは庶民の味方なんだなと痛感しまっす!

日本は酒税が高すぎるので、なかなか難しいですが。

そんじゃまた!

スポンサーリンク