Die Antwoord/HOUSE OF ZEF

本文上




アーティスト

Die Antwoord

南アフリカ

タイトル

HOUSE OF ZEF

発売年

2020

フォーマット

MP3

レーベル

Zef Recordz

トラックリスト

  1. Open The Door
  2. Zonke Bonke
  3. Da Godz Mus B Krazy
  4. Naai Is ‘n Lekker Ding
  5. My Life Is A Porno
  6. Lambo Life
  7. When The Sun Goes Out
  8. Don’t Sleep
  9. Bang On Em
  10. Ho$H Ho$H Ho$H
  11. Future Baby
  12. No 1

他のおすすめ音楽レビューはこちら!!

4年ぶり? どんどん駄目な人間になっていくのが見ていて楽しいグループ。

これでラストらしいんだけど、気分で解散とか言ってるだけにしか思えない。

日本の会社とコラボしたヘッドフォンとかグッズとか販売したりと、やたら日本文化が好きな彼らの来日公演は未だにないらしいですが、俺はラッキーな事にTen$ionリリース時にダブリンにいたので、ユーロツアーとソナーと2回ライブを観れた。

最初に観たのはソナーの夜の部、ニューオーダーと同じステージで結構でかめのステージを縦横無尽にラップしまくる姿にやられた。ダブリンでライブをやると知って、帰りのバスでチケットを迷わず予約。

ダブリン公演はアカデミーという中規模のライブハウスで、日本のWWWみたいな場所。

ソナーとは違って客の煽り方が尋常じゃない、キャパに応じてのライブの仕方を上手く演じ分けていて更に好きになった。マーチのデザインも良くて結構買ったりしたもんだ。

邪悪な原宿スタイルの化身ヨーランディと、猟奇的なチンピラやくざのニンジャが、ハイテクという名のポンコツビーツを爆音で流しながらラップするというのが彼らのスタイルでとても好きでっす。

一応、これくらい俺はDie Antwoordが好きなんだよって事を書いたうえで、今回の新作ですが、前回の没トラック使ったんじゃないのというくらいに、少し前のトラップというか、ちょっと拍子抜けな感じだった。

1,2なんかは土着的なビートというか、アフリカの埃っぽくて、ねちっこい感じとトラップのバランスがとても良くて、聴いてて気持ちが良い。

ヨーランディの巻き舌でまくし立てる中毒性の高い2,3,4,9なんかはとても彼等らしいというか、こういうのが聴きたいんだよ、これこれ! って聴いてて安心できる曲だけど、もう少しトラックもエグイのにしても良いのかなと思う。

ニンジャが結構まともにラップする6,11はDie Antwoordらしい面白い曲だったけど、5,8が物悲しいだけのマイナーな曲で微妙。skitってわけでもない、ちゃんとした曲っぽい分、余計に前作の余りもの(しかも暗い)を入れたような気がして目新しさが少なかったのは残念かな。

暗くても、要所要所でピコピコ鳴らして、結果的にぶっ飛んでる! ってのがスタイルだと思っていたので、そういう曲が聴きたい。

客演は多分、全て南アフリカの友達ラッパーぽいですが、結構アクの強い奴らで、1,10の極悪な感じなんか凄く良いと思いますが、肝心のヨーランディとニンジャの存在感が薄いところでバランスが悪いなーと。まるで友達を紹介するために作ったかと思えるくらいで。

10なんかカッコいい曲なんで、もっと出てきてもいいのになと思う。

そして、最大の謎がラストの曲。4つ打ちポンコツライバッハって感じが不気味な曲。Tns$ionのラストにも爆音ユーロビートみたいな曲入っていたけど、今回は明らかに趣旨が違う気がする。マッチョ的な志向だと思っていただけに意外過ぎた。

作る方も聴く方も大人になったのか分からんけど、インパクトはいまいちだったかなー。この人達は爆音で、悪そうで、ピッコピコして、ちょっとチープで、極悪なトラックの方が性に合っている。

いい作品だと思うけど、これがラストならグループとしては尻すぼみな終わりになっちゃう気もするので、これからやるアメリカとヨーロップツアーで、もう一作やってみるって気になってもらいたいでっす。

聴き込めば良い作品なんだろうけど、まだ耳が慣れてない。そんな1枚でした。

パッケージでの発売があるのか分かりませんが、狂ったマーチと一緒に販売するみたいなので、欲しい人はZEFへどうぞ↓↓↓↓↓↓↓

official!

他のおすすめ音楽レビューはこちら!!

そんじゃまた!

スポンサーリンク
PC版:インフィード広告(記事タイトル下)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PC版:インフィード広告(記事タイトル下)