ヨーロッパのクラフトビール・ブルワリー紹介⑥【Dubrovnik Beer Company(クロアチア)】

いよいよ12月。なんとかヨーロッパのクラフトビールを年内に広めたい!

そしてこれを読んだ人が旅に出て、紆余曲折を経てクラフトビールも楽しんで帰国。

開口一番『1号2号さんのおかげです!あっこれお土産です!』なんて感じで現地のボトルビールをお土産にもらいたいという魂胆があるので、これからも頑張って続けていきたい。

そんな前回はブダペストの良心Csak a jó sörでっした。

詳細はこちら!

ヨーロッパのクラフトビール・ブルワリー紹介⑤【Csak a jó sör(ハンガリー)】
今回はハンガリーはブダペストにあるクラフトビール版角打ち! ブルワリーではないですが、個性マックスのハンガリークラフトビールを楽しく飲めるお店でっす!

じゃー今日も行きましょう!

Dubrovnik Beer Company(クロアチア)

今回はクロアチアでっす。

ラキティッチ、モドリッチ、マンジュキッチ、コヴァチッチ、ほんとッチ多すぎで全然覚えられない人の名前で有名な、あのクロアチアでっす!あ、ボバンがいたわ。

そんなクロアチアでも1,2を争う観光地、そんな場所にあるブルワリーでっす!!

飲めない旅人は、ただの旅人だって全くもって普通の感じになっちゃう、ポルコロッソよろしくな、最高の海アドリア海に面したこの小さな町の名前はドブロブニクにあるの。

クロアチア人のイメージは無口で気難しそうで、体はデカくてあまり働かない旦那(話すと気さく)と、口うるさくてチャキチャキの働き者の奥さん(良い人なんだけど威圧感がある)ってイメージが非常に強い。まぁ20年前まで戦争してて男の人も働くよりも戦士って感じしますしね。

そんなたくましいイメージのあるクロアチア人が作るのが、2016年に港町ドブロブニクで誕生したDubrovnik Beer Companyでっす!

若い。2016年ってまだ1年ちょっとの本当に若いブルワリーです。

Dubrovnik Beer Companyのおすすめビール

Fortunal(Pale Ale)

正にペールエールの優等生といった感じで程よいビスキーな甘み。モルト本来の味が素朴だけどしっかりとでています。アマリロとシトラを使っていると思われる柑橘系が少し香りホッピーな飲み口のバランスもとれており、何杯も飲めるような一杯。

Dubrovnik Beer Companyのビールが飲めるお店

Dubrovnik Beer Company TAP ROOM

Dubrovnik Beer Companyより

Dubrovnik Beer Companyに併設されたタップルームです。

フードメニューもあり、ブルワリー見物したついでに、是非とも飲んでいっていてください。

ボトルでは販売しないタップ限定のシーズナルビールも作っているようなので是非とも飲んでみたい!(飲んだこと無いんで)

ちなみにこちら寒いんで11月~3月はやってません!!!笑

我々は3月に行ったんで残念ながら行くことが出来なかったのですが、次回は絶対に行きたい!

旧市街からのアクセスが悪いので、バスかタクシーか気合の徒歩でどうぞ!!

所在地: Obala Pape Ivana Pavla II 15, 20000, Dubrovnik
時間:月~金 14時00分~23時30分
※寒いんで4月から10月のみ営業!!!

電話: +385 95 356 9620

Dubrovnik Beer Companyの特徴

フラッグシップもPale Ale,Pilsner,Milk Stout(なんでミルクスタウトからやねん)と、3種類しかない新しいブルワリーです。

味はなかなかのものですが、これがDubrovnik Beer Companyのこだわりだ!というよりは現在は自分たちのビールを作っている途中の段階です。

まだ2年も経っていませんからね、あえて特徴を言うとしたら、【作り手も飲み手も一緒に育っていくブルワリー】といった感じです。

個人的な趣味かもしれませんが、これから大きくなっていくであろうブルワリーの成長を楽しみながらビールを飲むというのも最高でっす!

バンドの成長を見るのが大好きなバンギャには持ってこいでっすね!!笑

そんな感じで今回のヨーロッパのおすすめクラフトブルワリーはクロアチアのドブロブニクか出来立てほやほやのブルワリーを紹介しまっしたーー!

そんじゃまた!

スポンサーリンク