アイルランドへ行くための準備【冬の持ち物6選】

アイルランドの事を結構書くようになってきているが、準備の部分でも色々と書いておいた方が良い気がしてきましたので、今回はアイルランド観光に必要な準備、冬の持ち物編としまっす!

アイルランドは遠い国ですが、先進国の中でもかなり安全な国ですし旅行や生活する上で必要な物は大体現地で揃えることが出来ます。

なので、極端なこと言うと以下の6つさえあれば後は現地で買えば良いんでっす!笑

パスポート、クレカ、常備薬みたいなものは準備するまでもないので、それ以外の超基本的なものでっす。




バックパックorスーツケース 必要度:◎

バックパック 必要度:◎

まずはこれですね、絶対に必要でっす。

自分の旅のすべてを詰め込むわけですから、良いものを持ちたいですね!(ブランドとかじゃなくて自分にとって気に入った良いものって意味で。)

以前の記事で特集を組ませてもらったので、是非読んでみてほしいでっす!

おすすめのバックパックと選び方【保存版】
元バックパッカー現フーテンがサイズ別におすすめのバックパックを紹介

要約すると、飛行機の預荷物にするか、機内持ち込みにするかでバックパックが、かなり変わってきます。

コンタクト液や化粧品などをある程度持っていく場合は、機内持ち込み出来ませんので、預荷物を前提としたバックパックを考えた方が良いかと思います。

大体の物は海外でも買えますので、よっぽどこだわりが無い限りは機内持ち込みにまとめて身軽に行くのがおすすめでっす!

スーツケース 必要度:〇

スーツケースは頑丈ですし、コロコロで移動も楽ちんで海外旅行には外せないアイテムですよね!

もちろんおすすめなんですが、アイルランド観光に関して言えば、バックパックがおすすめでっす!

理由はホテルや建物にエレベーターが無い場所が多く、自身で持ち運ばないといけない場合が多いからでっす。小さな町に行くと石畳と砂利道なども多く上手く引けないなんて事もあります。(もちろん星付きのホテルなどは、ボーイさんが持って行ってくれるので、心配はないのですが)

そんな感じなんで、アイルランド中を観光しようと考えているのであれば、バックパックの方がおすすめでっす!

ただ、やっぱヨーロッパのお洒落な街並みはコロコロが良いって気持ちもわかるんですよね。

背負えるキャリーケースってのもありますけど、世界中旅しましたが、あんまり背負ってるって人には会いませんした。コロコロさせてたんで、きっと背負うよりもコロコロが楽なんでしょう。

ハードシェルジャケット(レインジャケット) 必要度:◎

これも超重要でっす。

お洒落なブランドのコートってのも凄くありです。

石畳やヨーロッパの街並みに映えますからね。

けれど、アイルランドで雨は日常茶飯事でっす。

ザーザー振りっていうよりはシトシト降ってくる感じです。

旅先では健康第一なんでコートよりもハードシェルジャケットなんかが使い勝手が良いでっす。

傘も必要ではあるんですが、面倒って言う事で、大体の人はレインジャケットを被って街中を歩きます。それはもう老若男女問わずに。

ゴアテックスやそれに準ずるような機能があれば、とりあえずアイルランドライフで困ることはほぼ無いでしょう。止水ジップなど基本的な機能があればOKでっす。

あと冬は東京のが寒いと言いつつも、0℃近くなる事もありますし、沿岸部の街は風も強いので防風機能もあると尚良いでっす。

現地でも買うことは出来ますが、サイズがヨーロッパ仕様なので、小柄な方は日本で揃えていってしまった方が無難でっす。

最近はたくさんのブランドが素敵なデザインを出していますが、アイルランドでは男女とも黒やカーキなどシンプル目なものが人気でっす。

ド派手なカラーリングなどの物も手に入りにくいので、こだわる方は日本で買っておくべきでっす!

インナーダウン 必要性:◎

これも必須でっすね。アウターで雨風を凌いで、インナーで暖をとる。これが鉄則でっす。

モコモコのダウンも良いんですけど、雨に強くないと結局は体を冷やしてしまいます。

インナーは保温機能の強い折り畳みが出来るパッカブルダウンやフリースジャケットが良いと思いまっす。

特に、パッカブルダウンの便利さは半端ないでっす。ユニクロのウルトラライトダウンでも十分なんですが、コンパクトさに少しかけます。

バックパックやスーツケースに小さく収納できるものがおすすめでっす。

おすすめは日本ブランドNangaのポータブルダウンでっす。とにかく軽くて暖かいというか、暑いくらいなので冬のヨーロッパでは大活躍の1枚でっす。

折りたたみ傘 必要度:△

あると便利です。

が、アイルランドの生活に慣れてくると、開いたり閉じたりの連続なので最終的に面倒くさくなります。笑

持っていく場合はとにかくコンパクトで軽量に限りまっす。

耐久度で見ると信頼性の高いスノーピークやモンベルの傘がおすすめでっす。

魔法瓶 必要度:〇

意外な感じですが、冬はあると重宝しまっす。

まぁ街には必ずパブやカフェがありますので、寒い日には待ち時間など潰す事が出来ますので、日中の町中であれば全く必要ありません。

では、一体いつ使うのかと言うと、国道沿いや早朝のバス停でっす!笑

アイルランドを旅しようと思うと朝の移動が増えるかと思いまっす。

カフェがオープン前だったり、ホテルの最寄りのバス停が国道沿いの吹きさらしだったりと寒い場面が意外とありまっす。

そんな時に朝ホテルから紅茶を入れて持っていくと本当に助かります。

SIMカード 必要度:◎

アイルランドはどこにでもFree Wi-Fiがありますが、アイルランドでアクティビティを楽しもうと思うと、結構な秘境でバスや電車を降りる場合がありまっす!笑

Google Map、SNS、ちょっとしたメール、緊急事態の電話機能などSIMカードは必須でっす。

現地で購入しても良いですし、あらかじめ日本で購入しておいても便利でっす。

空港内での購入は混雑していますし若干高値の設定ですのでおすすめしません。

街のいたるところに携帯ショップはありますので、自信のキャリアに適したSIMを購入すると良いと思いまっす。

プリペイドが基本ですが、ネットを通してTop upできますので、1枚あれば問題なしでっす。

時間がもったいない方はあらかじめ日本で購入しておいて、入国間際になったらカードを挿入っていうのが1番スマートでっすね。

Wi-Fiルーターってのもありますが、電話機能も考えるとSIMカードのほうが断然便利かなと思います。

おすすめは圧倒的コスパと通信安定性のあるThree社が良いのかなと。

まず何から揃えれば良いかって部分ではこの6つですかね。

逆にこれさえあれば、アイルランドは余裕で生活が出来ます。

流石に東欧とかになるとボトムスも防寒を考えますが、とりあえずこれでOKでっす!

寒いですけど、ヨーロッパの冬は何より美しいので是非行ってみてほしいでっす。

そんじゃまた!

スポンサーリンク