【ダブリン観光】グラフトンストリート周辺のおすすめスポット【アイルランド留学】

ダブリン観光をする場合に通らずにはいられないエリアがグラフトンストリートでっす!

グラフトンストリートには高級ブランドや土産物屋さんなどがひしめきあっているエリアになります。

地元の買い物客やアイルランドに来ている留学生、観光客が多く、人の往来が激しいので、一攫千金を狙った百戦錬磨のストリートパフォーマー達(一部素人に毛が生えた感じ)が鎬を削りあっている通りでもありまっす。

今回はグラフトンストリートの半径1キロ圏内のおすすめスポットを紹介していきます。

※ストリートパフォーマンスや有名なショップは省きまっす!笑

①Bewley’s Oriental Café

Irish central.より

まぁまずここでないでしょうか。

ビューリーズはダブリンで最も大きく老舗の紅茶屋さん兼カフェになりまっす!

アイルランドは紅茶の年間消費量が世界で2位(個人消費は世界1位)という程の紅茶大国なのです!200個入りのティーパックはそこかしこのスーパーで信じられないほど安価で販売されています。

イギリスなどヨーロッパではスリランカ産の紅茶が人気ですが、アイルランドの飲料水は軟水なので相性が良いとされているケニア産がほとんどを占めています。

こちらのビューリーズもケニア産の高級茶から毎日飲めるお求めやすい紅茶までニーズに合わせたたくさんの紅茶を販売していまっす。

最近はコロンビアやブラジルからのコーヒー豆の仕入れにも力を入れていてコーヒーもとても美味しいと評判でっす。

とてつもない期間のリノベーションを行い(一時は他のテナントになるかもと言われたそうです)2017年にようやく復活!

相変わらずのキュートな外観に心を奪われて思わず入店してしまうと、中に広がるのは外観以上に超レトロで可愛い内装のカフェ。ステンドグラスも健在で、以前のビューリーズ以上に素敵な空間が広がっていまっす。

開店直後にお店に入る事が出来たら2階の窓際の席がおすすめでっす!

ケーキもバターたっぷりのハイカロリー覚悟ですがとても美味しいので、美味しい紅茶と一緒に飲みながらグラフトンストリートを眺めて優雅なティータイムを過ごしてみるのはいかがでしょうか。

Bewley’s Oriental Café
所在地: 78- 79 Grafton Street, Dublin 2
時間: 8時00分~20時00分
電話: +353 1 564 0900

②The Secret Book and Record Store

Freebirdrecordstoreより

アイルランドはまだまだバンドが盛んです。非常に面白いバンドやアーティストが多くパブやクラブで見ない日はありません。その一方でヒップホップはRejjie Snowなど少しづつ面白いアーティストが増えてきていますが、バンドなどに比べると圧倒的のDJやラッパーが少なく、ダンサーにかんしてはほぼ見かけませんでした。(いるにはいるみたいですが、少なくとも我々は見つける事が出来ませんでした)

テクノはアイルランド人でないDJが有名だったりとまだまだ発展途上な感じでっす。

いくら素敵なライブが毎夜行われていても、やはり作品やグッズが売れないとアーティスト達もジリ貧になってしまいます。そんな中、重要になってくるのがレコードストアでっす。

それくらい重要なんですが、久しぶりにダブリンを訪れて衝撃を受けました。

当時贔屓にしていたレコ屋とライブハウスがほとんど潰れていたことでっす!怒っていますよ本当に!!(Twisted pepperとPINTが潰れるってどういう事やねん!!!!!)

たしかにデジタルの時代ですし、分からなくもないんだけど。もちろん新陳代謝の激しい業界なんで新しいお店も多かったのですが、ちょっと悲しかったでっす。

Spindizzy RecordsやRAGE、Mojorecordなど頑張っているレコ屋もたくさんあるんですが、これを読んだ人が2020年かもしれないので、必ず存続してるであろうお店を紹介しまっす。

Wandering Educatorsより

1978年から続くFreebirdRecords.現在はグラフトンストリート近くのThe Secret Book and Record Store内にあります。

Bookstore内には現代美術や旅行、漫画にZineなどが所狭しと積まれています。

美術やZineは面白そうな物が多く、かなり興味が沸き立つラインナップでっす!

あとはアイルランドの分厚いペーパーバックの古本が山積みでっす。正直我々リーディング(だけに留まらずスピーキングもライティングも)は全くなんでこんなに分厚い本は読めないですが、洋書好きの方はたまらない雰囲気を持ったお店でっす!

CDは定番しか置いていないのですが(もっと地元のバンドのデモとか置いてほしい)、レコードはたまにレコードストアデイを開催してレア盤が放出されまっす!開催されるときは入り口の壁側にフライヤーが貼られるので是非チェックしてみてくだっさい!

タトゥーショップとレコ屋が半々みたいなお店も昔はあったのに、今ではタトゥーショップに少しだけレコードが置いてあるというような惨状でっす。

レコード自体は売り上げが伸びてますし、うーーーーん何とかなんないかなぁ。

The Secret Book and Record Store
所在地: 15 Wicklow St, Dublin 2

時間: 11時00分~18時30分

電話: +353 1 679 7272

③AVOCA

既に日本に進出してきて久しいウールスローやストールが有名なブランドAVOCAですが、実はアイルランドのブランドでっす。

そのとてつもなくキュートな配色に打ちのめされた人の数はいざ知らず。世界中で愛されているAVOCAですが、ダブリンにももちろん店舗がありまっす。

Honey Beeswaxより

店内も完全に女性をターゲットにした内装で見ていて非常に楽しいセレクトショップでっす。

ストールなどの定番品からキャンドルに食品(オーガニック)などAVOCAのオリジナル商品とヨーロッパ各国の雑貨や洋服などが所せましと陳列されています。

The Trendy Guideより

最上階がAVOCAカフェになっているので少し休憩するにもおすすめでっす。

ヘルシーで美味しいメニューが豊富にそろっている可愛いカフェで大体美味しいです。

まぁ軽食メインっていう感じなんでお茶する感じで良いかと思いまっす。(ちょっと高いんで)

Avoca Suffolk Street
所在地: 11-13 Suffolk St, Dublin 2
時間: 9時30分~18時00分
電話: +353 1 677 4215

St Stephen’s Green公園

The Irish Timesより

晴れたらここへ!!!!!笑

時間に余裕のある方はヨーロッパ最大規模の公園フェニックスパーク(ダブリンからバスで15分くらい)を間違いなくおすすめしますが、そこまで時間的に余裕のない方はこちらへ。

晴れたらそこらじゅうの白人が服を脱ぎ日焼けを楽しむ姿は圧巻でっす。笑

それほど晴れの日が少ないアイルランドなので晴れの日は皆さん外で太陽を体いっぱいに浴びます。

ロンディス(そこらへんにあるコンビニ)で€3のサンドイッチとビールをもってピクニックをしましょう!

※公園内も含めてダブリンは路上でお酒を飲む事が禁止されています。

が、警官が水筒の中身やクージーを外させて注意するなんて姿は見たことが無いんで、ピクニックを満喫しましょう!(責任はもちませんが)

St Stephen’s Green
所在地: St Stephen’s Green, Dublin 2
電話: +353 1 475 7816

⑤La Cave Wine Bar

TheTaste.ieより

300前後のワインが所有されているワインバー・レストランって所でっす。

結構穴場で店名のCAVE(洞窟)まんまな地下にあるお店。

暗めの階段を降りると赤で統一された隠れ家的なお店でっす!

アイルランドのパブ文化に疲れたらカジュアルなフレンチをサーブしてくれるこちらのお店はいかがでしょうか。

店員は暇ならワイン飲みながら読書って感じの実にヨーロッパの食堂っぽい感じがまた良いんですよね。

ちなみにワインスクールもやっていてダブリンでワインを飲むのであればここはおすすめでっす。

一寸一杯っていうのも問題なしで、我々はアテにスモークサーモンを頼んで飲んでいました。

スモークサーモンにロゼのワインを勧められたのは初めてでしたが非常に素晴らしいマリアージュで日本に帰ったら家で真似してしたりしておりまっす。

グラスワインも€5~7くらいで用意していますので、気軽に飲みに行けまっす!

夜~夜中は結構混んでいます。

la cave wine bar and restaurant
所在地: 28 South Anne Street, Dublin 2

時間: 12時00分~2時00分(日曜のみ17時オープン)

電話: +353 1 679 4409

⑥Murphys Ice Cream

これ美味しいんですよねーーー!

開店当時にダブリンに住んでいたので思い入れがあります。

こんな寒い国でアイス?って感じなんですけど、ヨーロッパは牛乳が美味しいんで納得でっす。

濃くはあるけどさっぱりと食べられるバニラにラムレーズンのダブルは鉄板中の鉄板でっす!笑

近くに美味しいチョコレートのお店もあるので悩みますが、アイリッシュジェラートを是非!

小さいのは€3.8からでっす。カード不可

Murphys Ice Cream
所在地: 27 Wicklow St, Dublin 2
時間: 12時00分~22時30分
電話: +353 86 031 0726

⑦Celtic Whiskey Shop & Wines on the Green

Tripadvisorより

アイルランドはウイスキーの産地でもありまっす。

世界で初めて作られたウイスキーがアイリッシュウイスキーとスコッチウイスキーのどちらかだと言われています。

アイリッシュウイスキーの特徴としては通常蒸留を2回のところを3回行います。

これによってかなり味がマイルドでスムーズになります。(いわゆるウイスキーのスモーキーな香りが、スコッチなどに比べてアイリッシュウイスキーは非常に少ない)

そんな恐ろしく飲みやすいアイリッシュウイスキーは命の水と呼ばれアイルランドだけでなく世界中で愛されています。(我々も大好きでっす)

こちらのウイスキーショップではアイルランド中のウイスキーがそろっており、ウイスキーの知識が豊富な店員さんが常駐していますので、欲しい銘柄がきっと見つかるはずでっす。

常に3本くらいは試飲用のおすすめウイスキーが用意されているので、飲ませてもらって決めてみるのも良いかもしれません。

アイルランド観光の締めにお土産として是非とも訪れてみてください!

Celtic Whiskey Shop & Wines on the Green
所在地: 27-28 Dawson St, Dublin
時間: 10時30分~20時00分(日曜日は12時30分オープン)
電話: +353 1 675 9744
いかがだったでしょうか。
グラフトンストリートはカフェやショップの激戦区ですので、是非ともお気に入りを見つけてみてください!
そんじゃまた!
スポンサーリンク
記事タイトル下(デスクトップ)