絶対に通らないGoogleアドセンス

先日当サイトがGoogleアドセンスの審査に一発で、しかも半日で通った話を書きました。

【2018年10月】Googleアドセンスの審査が半日で通った【最新版】
2018年10月にGoogleアドセンスの審査が半日で通った詳細をまとめてみました!

※通ったけど全然アクセスないじゃねーか!なんとか立て直していこう!っていう後日談はコチラ↓

ブログに人が来やしない!!!【アクセスがない時の初心者向けの自己分析と解決方法】
おい、一体どうしちまったんだ!? ちゃんとブログ記事書いてるのに、全く人が来やしないじゃねーか! そういえば、俺何にも知らなかったんだった。初心者でもできる基本的なことから始めてみることにしたよ、母さん。

無事に広告収入でビールを買うという目標へ一歩近づいた記念すべき日だったのですが、その後少し調子にのりまして、趣味でやっている忘備録でもお小遣いを稼げたらなーと思うに至ったわけでございまして。

前回と同じ要領でGoogleアドセンスに審査を依頼しましたところ、一瞬でNGだされてしまいましたので、前回が良くて今回がダメな理由が何なのかを残しておこうと思いまっした!!(全部だめなんですけどね。)

もしも審査が通らないなどで困られている方は参考にしていただければ幸いでっす。

比較をしてみる

今回審査に落ちてしまったブログがこちら。

http://kumabeer.hatenablog.com/

で、当サイトと比べてみるとこんな感じ。

合格したサイト 不合格のサイト
記事数 9 450
文字数 315~11130 300~1000
独自ドメイン お名前.com なし
レンタルサーバー エックスサーバービジネス なし
ASP もしもアフィリエイト,A8ネット 審査落(Youtubeの貼り過ぎの著作権問題)
総アクセス数 1124 15000
Youtube貼り付け なし 400前後
メインコンテンツ 旅行関連 ビール
開設日 2018/7/8 2016/10/2

何が良かったなんて言ってる暇を与えないレベルでっすね。笑

※良く言われているお酒やたばこなどの不適切なカテゴリという問題は指摘されませんでした。それ以前の問題なのかもしれませんが。

人のふんどしで相撲をとってはいけない

まず、独自ドメインも取らず、あまつさえレンタルサーバーすら借りてないのにGoogleアドセンスの審査に出すあたりが舐めてますね。

当然ですが、Googleアドセンスの審査を通るためには独自ドメインレンタルサーバーが必須になってきます。

もしかしたら著作権を踏みにじっていませんか?

次に著作権が関係してきます。

Googleアドセンスの前に飲んだビールを紹介して、お小遣いが入れば嬉しいと思ったのでもしもアフィリエイトに申請をしました。

審査を通したのですが、不合格でした。(通常のアマゾンアソシエイトは通りました。)

不合格理由はYoutubeを貼り付けているので、その動画のオフィシャルライセンスに基づいていない恐れがあるためにASPの提携を断られていまっす。

まぁ当然の事と言えばそうですね。

Googleアドセンスに関してはYoutubeが貼ってあっても審査に問題ないサイトもあります。

では何故、多くのサイトでYoutubeが多いと審査に落ちてしまう可能性が書かれているのか。

今回Googleから届いた不合格の連絡によると以下の問題点があげられました。

価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)について

AdSense のプログラム ポリシーに記載されているとおり、ユーザーにとって価値がほとんどないページや広告の比率が高すぎるページには Google 広告が表示されません。これには、第三者が提供するコンテンツに付加価値を付けずに、コンテンツをコピーまたはリライトしたページが含まれます。

実際に見て頂くと分かるのですが、審査に落ちてしまったサイトは我々が飲んだクラフトビールが美味しいかどうかを一言という非常に情報量の少ない曖昧な表現で記載をしています。

この戯言がGoogle的にユーザーにとって価値がほとんどない情報と認識されてしまいました。

更にビールに合った音楽と称し、飲んでいた時に聴いていたお気に入りの音楽をYoutubeベタ貼りして載せている始末なので、この部分がコンテンツのコピーまたはリライトにあたったのだと思われます。

一応パンくずリストで国別種類別にカテゴリー分けなどしているものの完璧に酔っぱらいの戯言ブログでっす。笑

内容をしっかりと書かないと認識されない

そんな感じで、Youtube以外は何の情報も無いに等しいと判断されてしまったわけです。

逆に考えれば、読者に対して有益な情報をある程度の文字数(1000以上といわれていまっすね)で届ける事が出来れば多少Youtubeを貼っていても問題は無いのだと思いまっす。

まとめ

独自ドメインレンタルサーバーが必須

・読者に対して有益な情報の掲載(文字数は関係ないが、必然的に多くはなる)

・記事に有益性があればYoutubeは貼っても問題ない

・上記が遵守されていないと記事数もアクセス数も関係がなくなる

以上になりまっす。アドセンスを視野に入れている方がこんな事に気を使わないわけがありませんが、もしも審査に落ちてしまった方がいらっしゃれば、是非ともご自身のブログを見直されてみてはいかがでしょうか。

てか、今回はただ我々が酔っ払って書いているのがGoogle先生にモロバレしたと言う事でっすね。恥ずかしいぜ。

※通ったけど全然アクセスないじゃねーか!なんとか立て直していこう!っていう後日談はコチラ↓

ブログに人が来やしない!!!【アクセスがない時の初心者向けの自己分析と解決方法】
おい、一体どうしちまったんだ!? ちゃんとブログ記事書いてるのに、全く人が来やしないじゃねーか! そういえば、俺何にも知らなかったんだった。初心者でもできる基本的なことから始めてみることにしたよ、母さん。

そんじゃまた!

スポンサーリンク
記事タイトル下(デスクトップ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
記事タイトル下(デスクトップ)