ヨーロッパのクラフトビール・ブルワリー紹介⑨【Bee Beer Craft(スペイン)】

ヨーロッパのおすすめクラフトビール特集も9回目でっす!

前回はスウェーデンのOppigårds Bryggeriでした!

記事はこちらから!

ヨーロッパのクラフトビール・ブルワリー紹介⑧【Oppigårds Bryggeri(スウェーデン)】
ヨーロッパのクラフトビール第8弾はスウェーデンではクラフトビールのパイオニアOppigårds Bryggeriの紹介でっす!(ちくしょーーまた読めねええええええ) けど、めっちゃ美味しいブルワリーでっす。

さて今回もマニアックに行ってみましょう!

Bee Beer Craft(スペイン)

くーーーなんとも可愛いロゴじゃないか!はちみつを採集するBee BEERには針が付いている。ただただ甘ったるいってだけじゃなさそうな感じで気になりまっす!

店主いわく3年はやってるらしいんですが、Facebookを見ると2016年からの開設でした。新しいブルーパブでっす。

店主と少し話をしてみると、元々バルなどの飲食に興味があったのですが、なんかクラフトビール飲んでみたらメッチャ美味しいからこっちにしちゃうか!ってかなり軽い感じのフェライニみたいなファンキーな方でっした。(本当は熟考の上でしょうが)

確かに、伝統的なバルが溢れすぎているために、飲食店での差別化を図るのが非常に難しいスペインです。あんなにもワインが美味しいスペインで、敢えてクラフトビールで勝負する挑戦的なブルワリーでっすね。

挑戦的と書きましたが、確かにワイン以外に何か飲もうとすると、サンミゲルとか美味しいラガーがスペインにはあるのですが、バルだと高いし(スーパーだと€1.0しないで1リットルの瓶が買える)、クラフトビールならば観光客もメチャクチャ多いので、結構勝算高いのかも。

Bee Beer Craftのおすすめビール

左)AGEME 99(HONEY ALE)
右)Coronel Mostaza(IMPERIAL IPA)

AGEME 99はこれぞBee Beerだと世に知らしめるためのフラッグシップビールでっす。

はっきり言って甘いです。チェコやオーストリアのピルスナーにはちみつの様な甘さを感じるものが多いのですが、このエールは特に凄いです。ホッピーな部分もあるんですが、バジルとオレンジピールが入っているので、甘さと同時にオレンジピールとバジルの爽やかな香りが素晴らしいビールでっす。チーズに合わせて作ってるよね、きっと。

Coronel Mostazaのほうはスパイシーなマスタードをぶち込んだIPAになります。これもまた初体験なスパイシー、ホッピー、そしてハニーといった不思議なビールでっす。ホップの苦みにもモルトの甘みにも必ず追跡してくる、マスタードとはちみつ。ちょっと甘さのが目立つかなぁ。けど、チーズとのペアリングは間違いない味。

Bee Beer Craftが飲めるお店

Bee Beer Craft Beers and Cheeses

Tripadvisorより

マドリードのソルから北西にある、メトロのチュエカ駅から2分くらいの場所にありフラッグシップバーでっす!

店名からも分かるように、ビールとチーズのペアリングをテーマがなっておりまっす!

ありそうで無かった。キリンクラシックラガーと切れてるチーズが最強なのは知っていましたが、クラフトビールとのペアリングか。元来はちみつとチーズの相性も最高なので、悪いわけがありまっせんね!チーズの種類もスペイン産を筆頭にベルギーやフランスの物が置いてありました。(入荷状況で変動あり)

ちなにみ我々は、このお店の近くのマーケットで既にチーズを購入していたので、ビールだけ飲んで出まっした!笑

タップは7本で、半分くらいがBee Beerでしたが、ビールの出来次第で2タップに減る場合もあるそうです。また、店内でボトルの販売もしておりまっす!50~70種類くらいと結構バリエーションありますが、日本の常陸野やBREWDOGなど定番も多いので、こちらではタップをおすすめしまっすーーー!

Bee Beer Craft Beers and Cheeses
所在地: Calle de Augusto Figueroa, 30, 28004 Madrid
時間: 火~土12時00分~0時00分 日13時00分~22時00分 月17時00分~22時00分(祝日の場合変動あり)
電話: +34 911 29 69 55

Bee Beer Craftの特徴

はちみつを使ったクラフトビールをベースに、バジルやマスタードなど貪欲にスパイスを取り込んだビールなど、意欲的で挑戦的なビールがラインナップされています。

このようなビールのレシピになった背景には、開設当初からビールとチーズの提供を考えられていた為だと我々は推測しております。

かなり緻密に計算されたコンセプトの元に運営をしているクラフトブルワリーでっすね。

唯一のネックはちょっと高いんだよなぁ。€6.0くらいで何言ってんだ!って感じなんですが、きっと我々が極貧パッカーだからでしょう。

みんなはもっと働こう!

次のおすすめクラフトビール/ブルワリーは中欧のどっかにしましょう!

そんじゃまた!

スポンサーリンク