【ダブリン観光】オコンネルストリート周辺のおすすめスポットを紹介します!【アイルランド留学】

前回はダブリン空港から市内までのアクセスでしたが、今回からはダブリン観光で外せないスポットを特集していきたいと思いまっす!

第一弾はオコンネルストリート周辺でっす!

それではサクっと見ていきましょう!

※アイルランド観光に1週間程度の旅程を組んでいる、またはアイルランド留学や移住を考えている方だとより楽しめる内容となっておりまっす!ダブリンに1日しか滞在しない方はテンプルバーをお勧めしまっす!

①オコンネルストリート

メインストリートは毎日多くの人で賑わっています。

後に紹介するグラフトンストリートなどに比べると地味目ですが、観光名所でっす。

スパイア(ただの鉄塔)

wikipedeiaより

21世紀のダブリンの象徴とも言えるモニュメントです

多くの人が待ち合わせに使う便利な塔。比較的建物の高さが低いダブリン市内でも異質の存在感で賛否をよんでいます。笑

スパイア近辺にはマクドナルドやバーガーキングなどのファストフード店や大型書店、郵便局などがあります。クラークスやドラッグストアのブーツなどがあります。

が、この通りですることはほとんどないと言っても良いでしょう。笑

②ぺニーズ

tripadvisorより

もしもこれを読んでいるあなたがファストファッションが大好きであればここは外せません。

もともとはPRIMARKというUKのブランドの姉妹ブランド的なお店です。

品質もラインナップも全く同じなので、イギリスでPRIMARK。アイルランドがPENNYSというような感じです。

とにかく安くて、デザインもそこそこで最高に重宝しまっす。

女性であれば派手な水着や下着がが€3とかであります。ワンピースも€10~からあったりで現地で安く服を揃えられまっす。

男性の場合は種類は少ないですがシルエットは流行りを取り入れているので失敗って事はほぼないでっす。ちなみにチノパンが€12~シャツは€8~くらいで購入できます。

H&Mなどは日本でも被りますが、流石にぺニーズ被りは日本では見たことがありません!笑

③ムーアストリート

ムーアストリートはオコンネルストリートの西側にあるアイラックショッピングセンターの脇の路地になりまっす。

主に食料品を買いに求める際にダブリンでは非常に重宝します。

フレッシュマーケット

ムーアストリートはほぼ毎日、野菜や果物の販売が行われています。

朝市ですと魚介類の販売も行われており主婦で賑わっていまっす。

魚介類に関してはちょっと郊外に行かないと市場はないので、近場で済ませたい場合はこちらの利用でも良いかもしれません。

おすすめスーパーなど

ムーアストリートには数多くのスーパーがあります。そして安い!

ゲストハウスやフラットを借りて自炊をする方には超おすすめスポットでっす!

おすすめの3店舗を紹介したいと思いまっす!

Lidl

バックパッカーにはおなじみのドイツの激安スーパーですね。個人的にリドルがあれば酒は確保できたと小さくガッツポーズをしてしまいまっす笑

海外のスーパーでは当たり前のようにパン工房が併設されていますので、焼き上がりの時間に向かえば出来立てで美味しいパンをたくさん買うことが出来まっす。€5も払えば2日分くらいのパンが買えます。

目の前がマーケットですが、実はLidlも野菜が安いんです。お肉はTESCO、お酒やチーズはLidlって感じで使い分けても良いですね。

お酒にも力を入れていて毎年Lidlの専属ソムリエが100点満点でランク付けをしているので、小さな店舗でも美味しいワインが購入できます。

€3~20くらいですが、€9くらいで93点くらいの評価のがあればまず間違いなく美味しいでっす。日本で買うと3000円くらいのレベルのワインになりまっす。

あとは我々の大好きなスペインのリスカル社のワインも€10前後で買う事が出来ます。日本だと2000円くらいしてしまうので本当ヨーロッパっていいですね。

忘れてはいけないのがビールですね。
これも大好きなヴァイツェン【フランジスカーナー】です。これに関しては破格で、4本で€5ってもうヤバイですね!!
必ず一度は訪れてくださいね!
夕方はレジ渋滞が凄いので時間はずらして行くといいと思いまっす!カード可です!
POLONEZ

ダブリンを中心にアイルランドに展開しているポーランド(中央ヨーロッパ、および東欧)食材専門のスーパーマーケットになります。

アイルランドは中欧や東欧の人も多く住んでいますので結構な繁盛店です。店員も客層もメッチャいかつい白人男性(気は優しい)や、キツ目の女性(気は優しい)が多いので物怖じしてしまうかも知れませんが、是非とも行ってほしいです。

パプリカペースト(中欧ではおなじみの調味料)やキャベツの酢漬けや、ピエロギ(ポーランドの餃子)など非常に魅力的です。

そして一番の魅力は生ハムでっす!(大きく書いておきます)

ダブリンのブッチャーズ(お肉屋さん)でも量り売りで購入が可能なのですが、実はダブリンで1番コスパの高い生ハムなのでっす!!!(TReC調べ)

€9~20/kgという超破格で販売されていまっす!(€15~40/kgが相場なイメージ)

英語が不安でも欲しいハムを指さして100グラムとか言えば大体の重さに切ってくれるので、バーコードのシールを貼ってもらってレジに行けますので安心してお買い物が出来まっす!(±10グラムくらいは日常茶飯事)

今年(2018年の3月)にアイルランドに行った際もこれくらいの値段でした。

しかもその前にスペインやイタリアでプロシュートやハモンセラーノといった日本では本場と言われている生ハムも大量に食べてきたのですが、味も遜色なくしかも超安いって事で最高でっす!

数年前にアイルランドに住んでいた時も今回の旅でもPOLONEZで日本人を見たことが無かったので超穴場でっす!

唯一の欠点はレジが超遅いって事とキャッシュオンリー(カード不可)(2018年3月現在)って事ですかね。

MADE IN BRAZIL(スーパー)とHis Food Charcoal Grill(フードコート)

上記のLidlが入っているムーアストリートショッピングモールの地下にあるブラジル食材のスーパーです。

アイルランドはイギリスに比べると生活費が安く抑えられますので、語学留学と就労を目的とした長期滞在のブラジル人が非常に多いことで有名です!(TReC調べ)

かく言う我々も多くのブラジル人の友達たちと家を借りていたのですが、彼らの魅力と言えばとにかく明るい国民性!(怒ると怖いし、真面目な人もとても多い)

そんな彼らがパーティーを行うと必ず必要になってくるのが豆やらやたらとデカい鶏肉やら豚肉やらでっす。それを軽く仕入れることが出来るのがここMADE IN BRAZILでっす。

POLONEZ以上に何が何だか分からない調味料があるので、是非ともブラジル人の友達と一緒に行くことをお勧めしまっす!こちらもカードは使えません。

意外な穴場のムーアショッピングモールの地下には更なる大目玉があるんでっす!フードコートがあるのですが、その中の『His Food Charcoal Grill』という安くて旨いという旅人に優しいポーランド料理のレストランがあります。

お店のFacebookより

とにかく安くて量が多いので非常におすすめでっす!

とりあえずお店から拝借したメニュー置いときますんで!見てみてください!

ユーゴ圏と同じくらいのボリュームでっす!流石に現地よりは少し高いですが、€7.5でたくさんのケバブチチ(細長いハンバーグみたいなやつ)が食べられるのはここくらいでっす!

€6くらい出せばドネルケバブを食べられるお店ならダブリンにもたくさんありますが、ケバブチチとなるとここが1番じゃないでしょうか。

非常におすすめでっす!

④ジャーヴィスショッピングセンター周辺

ジャーヴィスショッピングセンター

ダブリンに限らずヨーロッパ全般に言えることですが、トイレ事情が厳しいでっす。

パブで借りる以外にトイレを見つける事が非常に困難です。

そんな時に便利なのがこのショッピングセンターなのでっす!笑

あとはセルティック(中村俊輔選手がいたことで有名でっすね!)のオフィシャルショップやファストファッションのお店が多く入っています。

地下にはテスコ(スーパー)が入っていますんで、気が付くと結構が過ぎてしまいます!

ルアス(路面電車)側の出口の向かい側にはアジア食品の大型スーパーがあります。

こちらには日本のインスタントラーメンや味噌、醤油、だしなどが入手可能です。

メインは中華食材ですが、それ以外にも日本、韓国とアジアの味が恋しくなったら寄ってみるのもありですね!

THE ACADEMY(ライブハウス)

arip advisorより

ダブリン中心部にあるライブハウスでは一番きれいで音響も良いハコでっす。

個人的に大好きです。

渋谷にあるWWWXくらいのキャパだと感じました。

何が良いかと言いますと、やはりチケット代です。日本はとてつもなく高いですが、ユーロ圏では50%くらいの価格設定です。

2012年はレッチリを観ましたが€50でした。しかもオープニングアクトがノエルギャラガーです!!(アカデミーではありませんでしたが。)

ピーターフックやダイアントワード、ソーシャルディストーションなんかを観た良い思い出がありまっす。

Ticket MASTERなどでオンラインでチケット予約を取ると楽ちんでっす。

普段とは違うライブ体験をするというのも非常におすすめでっす!

アイラックショッピングセンター

Hammersonより

ここもジャーヴィスショッピングセンターと同様にトイレスポットですね!笑

ファストファッションのブランドや100均のようなお店、スマホ修理のお店などが立ち並んでいます。

特別見どころがなさそうに見えますが、このショッピングセンターの何がおススメかと言いますと。

中央図書館

Irish Timesより

そうです、図書館なんでっす!!

驚愕ですが、ショッピングセンターの2階が図書館になっているのです!

誰でも利用することが出来ますし(旅行者への貸し出しは不可)アイルランドの本を探している方や、ケルト音楽のCDをPCにリッピングしたり文化を無料で学ぶことが出来まっす!

パソコンの電源コードもFREE WiFiもありますので、一日中入り浸れます。

アイルランド文化を手軽に楽しむには持ってこいですね。

本が好きな方や、長めの旅程を組んでいる人には非常におすすめでっす!

⑥タルボット駅周辺

少し東側のタルボット駅周辺は高級ホテルと安めのゲストハウスが乱立しているエリアになりまっす。

物価は安いですが、少しだけ路地が汚くなっています。

そのままコノリーステーションの方へ向かうと治安が少し悪くなるので、女性は夜中にうろつかない様にした方が良いと思いまっす。

では、なぜおすすめするかと言うと素敵なパブや飲食店が多いのでっす!

パブは今度特集する予定なので今回はちょっと小腹が空いたときに超おすすめな安くて美味しいお店を紹介したいと思いまっす!

STAR PIZZA

Tripadvisorより

レストランが高い割に決して超おいしい!というわけに行かないのがダブリンでっす!笑(イギリスに比べれば美味しいですが。)

そんな悩みを解決してくれるのがSTARPIZZAでっす。

頼むのはALL DAY SPECIAL一択でっす!

まずALL DAY SPECIALが何かと言いますと、トマトソースとチーズが乗ったベーシックなピザの上に好きなトッピング(ペパロニやソーセージ、ハム、野菜など数十種類)を2つ追加した9インチのピザとフライドポテトにドリンクのセットでっす。

ボリューム満点で最高なんですが、もっと最高なのがこれで€6だと言う事でっす。10年位前は€5だったのですが、ダブリンの生活水準があがりピザも値上がりしてしまいました。

それでも€6は激安なので超おすすめでっす!

注文方法が最初は分からないと思うので参考程度ですが。

注文はレジにいる店員に口頭で注文をします。

トッピングはレジカウンターに置いていますので、選んでください。

ちなみにペパロニとペパロニみたいな同じ物をダブルで注文してもかまいません。

ピザのトッピングが決まると、次はポテトのソース(ガーリックマヨネーズorマスタード)を選びます。

黙っていると勝手に決められちゃうので忘れずに注文しましょう!(おすすめはガーリックマヨネーズでっす)

最後にドリンクを決めてレシートを貰って注文は完了でっす。

10分もしないで出来上がります。

トッピングしたピザを大声で店員がアナウンスしますので、聞き耳を立ててください。

『ペパロニー!ベーコーーーン!』みたいな感じで本当にトッピングした物の名前しか呼ばないので注意しましょう!笑

呼ばれたらレシートと引き換えにピザを食べましょう!

tripadvisorより

店員は接客などするつもり微塵もありませんし、ランチタイム後に店に入ると床は食べかすで超汚いです。笑

が、それでもまた食べたくなるようなジャンク感とモチモチのシンプルで飽きの来ない素敵なピザ屋さんです。

今回はオコンネルストリート周辺を紹介しました!

やっぱりアイルランド良いですね!また行きたくなってしまいまっした!!笑

そんじゃまた!

スポンサーリンク