クリスマスにはクラフトビールを!クリスマスビールのあれやこれや

クリスマスがもう目の前だっていうのに、我が家には全然クリスマス感がありません。
毎日パーティな感じだからなのか知れませんが。
スパークリングワインや赤ワインなんかで乾杯ってのが普通でしょうが、たまにはビール何て言うのはいかがですかね。
各ブルワリーともクリスマス用に結構な数のものを用意しているそうなので、いっちょう見てやりますか!うはは。




そもそもクリスマスビールって

まず、海外の(特にヨーロッパでの経験を元にした)クリスマスですが、日本でいうところの元日でっす。

小さなホテルは予約も取らない、トラムやバスは完全に休業。店はほとんど開いてないし、国によっては前日からスーパーでビールすら売ってくれない(アジア系の店主がやっている店だとハンカチに包んで売ってくれたりする『ここで買った事は内緒にして欲しい』という常套句とともに)

そんな感じで皆とにかくお休みモード全開なのがクリスマスなのでっす!

ターキーやら何らかの肉の臓物に米やら野菜やらを詰めたり、何かの肉と野菜をホワイトソースで煮込んだりしたものをパイの中に入れてオーブンで焼いたり、ザワークラウトの入った餃子を食べたり、踊ったり、歌ったりして、ワインで乾杯っていう感じの日でっす。

そんなお祭り休日は普通ワインなんですが、悲しい事にベルギーは全然ブドウが獲れません。

あぁ何てかわいそうなんだろう、って事で色々考えるわけですね、ワインに代わるものは何かないのか、しかも寒い、うすら寒いベルギーの星空の下、みんなで楽しく飲める飲み物はないものかと。

そこで出てきたのが、スパイスをふんだんに使用した長期保存が可能な高アルコールのビールだったらしい。

まー修道院でビール作ってる国ですから結構すぐに候補に挙がったことでしょう。

そんな歴史から生まれた1年に1度だけ作られるようになったのがクリスマスビールらしいでっす。

1年に1度しか作らないって事なので、醸造所はいつも以上に美味しいビールを作るようになり、それが世界中で広まったのでした。めでたし、めでたし。

で、本当に美味しいの作ってんだろうな?

シリィ エンギエン ノエル クリスマスビール 9.0% 330ml

通常よりも1回多い3回の発酵を行い、とどめに瓶内で4次発酵を企てているという狂った仕様。

洋梨やハチミツにレーズンという甘い誘惑とベルギービールらしい酸味が混ざり合った素敵なビール。これは良いんじゃないでしょうか、瓶内発酵ってベルギーのお家芸だよね。

アベイ・デ・ロック スペシャル・ノエル 750ml

濃厚で飲み応えのあるクリスマスビール。濃褐色複数のモルト、ホップ、スパイスに加え、バニラが特徴ってあるけど、こういう書き方は博打が多いので不安。ていうか、スパイシーでバニラ香って赤ワインの紹介文みたいだね。

デリリウムクリスマス グラス付 ギフトセット 330ml×4本+クリスマス専用グラス1脚

これは間違いないでっすね。トレメンスとは違い、クリスマスはアンバーベルジャンエールって事で、今回も相当にスパイシーで飲みごたえがありそうでっす。去年のは非常に美味しかったので期待大。敢えて言うならば、グラスは2脚欲しい所。

常陸野ネスト クリスマス限定ラベルエキストラハイ

問答無用のジャパニーズスパイシーことエキストラハイの可愛らしいクリスマスラベルのセット。どうやらラベルのみクリスマス仕様のようでっす。

ブリュードッグ ホッピークリスマス フェスティブIPA 

ブリュードッグの新作でっすね。エルビスジュースをもっとトロピカルにして、4倍くらいIPAらしくしたIPAでっす。日本よりは海外のホームパーティ(各自ビール持ち込んでキャーキャーする感じのあれ)がすこぶる似合うIPA。最近のシリーズでは良い出来なのでは。

ブリュードッグ サンタポーズ スコッチエール

チョコやカカオを非常に強く感じるエール。ブリュードッグはもともとポーターやダークエール作るの得意だし、期待通りというか、安パイだった。美味しい。インペリアルポーターみたいにアルコールも高くないので、飲んでも酔っ払わないというのが非常に評価できるポイントでっす。

カピテル ウィンターエール

これは飲んだことがありませんが、フォンダント・ショコラのような香りと2017年のヴァージョンから加えられた地元産のブルーベリーの風味がアクセントとなったフルボディのダークエールビールって解説から気になるのはブルーベリー。ベリー系とアンバーエールってのは結構相性いいので、酸味とか。飲んでみたいかな。

チョコレート独歩12本セット

チョコレート独歩は、七種類の麦芽を使用し、ベースとなるビールを完成させました。さらに通常よりホップの使用量を減らして、カカオエキスを加えることにより香り豊かでまろやかな深みのある味わいを実現しました。酵母はドイツタイプの下面発酵酵母を使用し、低温でじっくり発酵させ極めて洗練された味わいをもっています。って事らしいんだけど、独歩の通常のピルスナーが美味しかったからきっと美味しいんだと思う。一点だけいうならクリスマスなんも関係なし。

アップルシナモンエール

サンクトガーレンより。クリスマスラベル貼っただけなのかな?正直、そんなに俺の好みの香りだったり味ではないブルワリーなので、期待は薄い。が、フルーツをたくさん使うブルワリーなので、これは期待してもいいのか……いや、だめだった。2号がシナモン苦手なんだったわ。パイナップルエールのほうが好きだなきっと。

ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム 3種 クリスマスギフトセット 305ml×8本 クリツマスツリー付

クリスマスツリー付きっていうから、すっげー期待していたのに何なんこれ?

これで良いと思ってんのクリスマスツリー。これならマスターズドリームを1本300円(税込み)にして少し安くした8本セットで良いんですけど。マスターズドリームは美味しいと思う。グランキリンのほうが好きだけど。

各社色々がんばっていた。

やっぱりクリスマスシーズンは皆色々やるんですね、ラベル変えてみたり、ツリー付けたり、グラス付けたり。
味付けはシナモンとかスパイスを非常に多く使うダークエールが多いようですが、そこらへんは赤ワインへの憧れがベルギーの人たちあったのかもね。保存を長くするならIPAみたいなんでも良かったんだろうけど、クリスマスだし。
ブルーパブなんかに行くと、きっとクリスマスビールであふれているんでしょう。
皆ブルーパブへ行こう!
多分我々はワインを飲むと思います。
そんじゃまた!
スポンサーリンク